© 2020 by  FOLK GALA SQUARE Project / オヤジフォーク選手権 実行委員会

開催延期の報告

お世話になります。

 

結論から先にお伝えいたします。

 

3/8(日)神戸ラピスホール 開催

『オヤジフォーク選手権 関西決勝』を

本日付で『延期』することに決定しました。

 

間際での報告となり大変ご迷惑をおかけしてしまいます。

申し訳ありません。

ご理解ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

2020年3月4日(水)

オヤジフォーク選手権 実行委員会

代表 田村JIN

 

 

-------------------------------------------

 

以下は、主催者の個人的な文章ですのでお読みになるならないは委任いたします。

 

 

ギリギリでの決断です。

 

昨今のニュース、発症例、諸々に対して、私的個人的な感情ではなく微小の可能性にも考慮しなければいけないのが主催の立場ではないかと判断しました。

 

特に私は関東在住なので関西方面の事情・状況は希薄でした。

サンテレビ様、神戸ラピスホール様、関西の主要関係者とも十分協議、相談の上での判断です。

 

出演者・撮影関東スタッフは誰一人辞退者が出ていない状況でした。

スッタフ関係での事前辞退連絡は3名いましたが了承メールも済ませ、本番へのリスクヘッジもできる限り整えたつもりでした。

当日チラシも、横断幕も、トロフィーも、消毒液も、マスクも・・・・準備万端揃えていました。

TV撮影班や舞台担当とも打合せをほぼ詰めていました。

車のガソリンも満タンにしていました。

 

私自身は開催を熱望していました。

「こんな暗い時期だからこそアーティストは歌うべき立場だ」と

「会場や、イベンターは軒並み大変な状況になっているのを少しでも救おう」と。

そんな先頭に立つ立場のつもりが・・・・悔しくて、悔しくて仕方ありません。

断腸の思いです。

でも「見えない敵」だからこそ意地を張るべきでは無いと考えた次第です。

他県開催での関係の浅い地域のかたに少しでも迷惑をかけてはいけない・・・と。

「万が一」があった時では遅いと。

 

SNSでも「やる」と宣言したのに「吐いたつば」を、恥を忍んで飲み込みます。

「偉そうに言っておいて」と笑ってやってください。

 

開催を期待していただいた方々には本当に心から申し訳なく思います。

 

 

ただ、「中止」ではなく「延期」です。

 

 

あくまで期間を後ろにずらしての開催です。

止めはしません。

時期をあらためまして、同じ出演者・場所で必ず開催します。

サンテレビ様も延期を快く承諾していただきました。

ラピスホール様も同じく承諾していただきました。

 

必ずあらためて開催します。

それまで少しの間だけお待ちください。

 

皆様方におかれましてはご自身の健康を第一にお考えください。

 

そして開催した時には皆さんと笑顔でお会いしたいと切望します。

 

当日皆様に配るはずだった「タイムテーブル入り当日チラシ」データを添付しておきます。

裏面には出演者が歌うはずだった曲目・審査員、司会者の写真入り紹介分が入っています。

裏面は再開時に見ていただくために取っておきますのでお楽しみにお待ちください。

 

 

この度は本当にご報告が間際になってしまったことを心からお詫び申し上げます。

考えに考え抜いた上での結論です。

本当にすみませんでした。

よろしくお願いいたします。

 

オヤジフォーク選手権 実行委員会

代表 田村JIN

The festival “FOLK GALA SQUARE” for the acoustic “J-FOLK” started at the Ueno Park Water Music Hall in the spring of 2015.

As of 2019, it has expanded to 14 locations nationwide.

And as it spreads across the country, it feels as a real experience,

It is a high level of participation, willingness to play, and high level of “folk” in their 40s and 60s.

In fact, in some places, 80% of the participating groups have performers over 40 years old and the maximum age is 72 years old.

In recent years, the kind of “Oyaji Band Championships” has always had a strong response to take up state-run broadcasting.

Certainly, every event and program has been very successful and successful.

 

Then, there was no “Fork” battle! ? ?

 

This is the very natural idea that came from the implementation experience.

 

Begin! Create a new way! !